• web制作
  • お洒落
  • サイト
  • 動画制作

【サイト】Vimeoを使ってみよう【動画制作】

郷古
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。営業の郷古です。
営業の極意を・・・と思ったのですが、私がまだ語れるようなスキルはないので最近勉強している『Vimeo』を紹介したいと思います。

Vimeoを知ろう

動画共有サービスと聞いて、まず連想するのはYouTubeやニコニコ動画などの動画サービスだと思います。
ですが、世界中にはその他にも様々な動画を公開・視聴できるサービスが展開されています。最近のサイトのTOPページにあげられている動画を見ると、よく遭遇する動画サービスが「Vimeo」というサービスです。 YouTubeの対抗馬としても挙げられることがよくあります。

Vimeoとは

Vimeoは、2004年11月にアメリカでローンチされた動画共有サイトです。
登録ユーザー数は1700万人、有料ユーザーは40万人を超えており、毎月1億人以上が再生などを含めて利用されていると言われています。

サービスの名称である「Vimeo」とは、”Video”に”me”(私)という単語をかけて命名されたもので、その名の通り、ユーザー自身が実際に制作したビデオ専用のサイトというのが最大の特徴です。
また、サービス規約でアップロードできる動画については以下のような制限がされています。

・原則、自分自身で制作したオリジナルの作品のみアップロードOK
・作品制作に関わっているディレクターやアーティストがアップロードOK
・制作に関係していない映画やテレビ番組、ゲーム画面のキャプチャー動画はNG
・商用ビデオ(製品プロモーションなど)の動画はNG
 (例外として、制作会社など制作側の立場からの公開はOK)
(Help Center / Vimeo Guidelinesより)

こうした制限の結果、映像作家やアーティストといったクリエイター達が自身の動画作品を公開する場として多く集まり、高いクオリティーを維持した動画作品が集まるプラットフォームとして人気である事が見て取れます。
また、2007年に他の動画共有サービスに先駆けていち早くHDに対応したことも、クリエイターによる支持が集まった理由だと言われています。

確かにVimeoを見ていると、素人が撮影したものや、勝手にアップロードされた著作権違反な雑多な動画も多いYouTubeとは違いどの作品もプロが制作していると思われるような高いクオリティーの動画が多く非常にオシャレに感じます

適切なアップロードサイズ

youtubeやニコニコ動画同様に、VimeoにはVimeoの推奨規格があるので、アップロード失敗や再エンコなどという煩わしいことにならないためにも一度、「Vimeo FAQ 」を軽く読んでおくのがオススメです。
簡単に紹介すると以下のような規格が推奨されています。

・ビデオコーデックは「H.264」
・動画のサイズは「720p(1280×720)」
・ビットレートは「2,000 – 5,000 kbit/s (SD) / 5,000 – 10,000 kbit/s (720p HD)」
・フレームレートは「24/25/30」
・音声は「コーデック:AAC ビットレート:320Kbps サンプルレート:48kHZ」

この規格を守って投稿すれば、あっという間にあなたもお洒落クリエイターの仲間入りです。

まとめ

オシャレなオリジナル動画が並ぶVimeoは、普通に視聴するだけでも楽しく観ることができます。
まずはVimeoに触れてみることから始めてみて下さい。
次回は実際に制作した時にアップロード方法も紹介していきたいと思います。

rss登録
このエントリーをはてなブックマークに追加