• なんか
  • PhilX!!
  • youtuber?
  • アニキ

【youtuber】ギター好きならだれでも知ってる!?PhilXという男について【PhilX兄貴】

Qinty
このエントリーをはてなブックマークに追加

スクリーンショット 2015-06-05 15.53.01
ハイ、キッズ。
今日もWebにはほぼ関係ない話だ。
いや、youtuberという点では関係なくはないが
貴方のナレッジには1%もならない話だ。
申し訳ないが興味が無いビジネス狂いは
いいね!だけしてブラウザバック
してくれ。

今日の記事はギター好きのキッズならおそらく知っている
あの男についてだ。

この男に見覚えは有りませんか?

さてギターキッズ諸君。
世の中にはAISAS(アイサス)と呼ばれる、
電通社が提唱する購買行動プロセスというものが有る。
簡単に説明するとネットが普及した現代、
ユーザーが何かを買う時に行う行動を表したものである。

  1. Attention(注意)
  2. Interest(関心)
  3. Search(検索)
  4. Action(購買)
  5. Share(情報共有)

といったものだ。

ギターを愛してやまない君たちも例にもれず、
欲しいギターの音を確かめるために,または詳しい情報を得るために
ネットサーフィンをして情報を集めている事だろう。
そしてyoutubeにたどり着く。
そこで動画検索結果ページに出てくるこの男に見覚えはないだろうか?
phil兄貴
やたらハイテンションでギターをひいひい言わせているロン毛野郎…

そう、PhilXだ。

・PhilXという男について

やたらノリノリでギターをレビューするこの男はPhilXという。
youtuberなんて言葉が生まれる前からヴィンテージ・ギターを
ブイブイ言わせているこの男。
この男、実はボンジョヴィのサポートギタリストである。
そして自身のバンド「The drills」のフロントマンでもある。
ボンジョヴィ以外にも色々なアーティストのサポートや
セッションギタリストとして活躍している。
日本でバカ売れしたAvril Lavigneのアルバム「under my skin」にも参加している。
undermyskin
youtubeにアップされているこの動画はアメリカのfrettedamericanaという
ヴィンテージギターを多数取り扱う会社が
Philアニキに歴史的価値有るヴィンテージギターをレビューして貰うという
素晴らしい企画なのだ。

そんなPhilアニキの特徴を3つにまとめるとこうなる。

1.とにかくハイテンションである。

aniki
↑上の画像をクリックするとハイテンションなアニキが見れるよ!(GIF)
レビューもそこそこにとりあえず歌い始める。
しかもクソ上手い。いろんなジャンルの曲を弾ける。
余りにハイテンション過ぎて視聴者から「クサでも食べてるんですか?」
貴重なご意見を頂いたほどである。

2.なによりとても楽しそうにギターをプレイする。

兄貴

見ているこっちまで楽しくなってしまう。
でもあんまりタイプではないギターの時はあんまり嬉しくなさそうである(モズ○イトとか)。

3.ヴィンテージ関係ねえwww

鬼チョーキングする兄貴
大体VoxTone Masterで歪ませて弾くので大体似たような音になる。
ヴィンテージのウン百万するであろうギブソンを、
庶民の我々ならピッキングニュアンスをかなり抑え目で試奏するであろうギター
ガッツンガッツン弾き倒すのである。
キャインキャインチョーキングしまくるのである。

上記で述べたように動画の後半にもなると歪みまくった音
Philアニキの素敵なシャウト殆ど参考にならないのである。
ただひたすら「楽しそうだなあ」としか思えないのである。

そんなアニキの動画5選

そんなPhilアニキのホーリー○ットな動画を今回は5つ紹介したいと思う。
特にギターが好きじゃなくても何となくノリノリになってしまう事請け合いなので
是非Philアニキのあちぃスピリットを体感して欲しい。

1.fender Marauder

世界に8本しか無い幻のモデルをキャインキャイン言わせてます。
顔で弾いてます。

※…去年くらいにfender mexicoから再販されたが全く別物のクソ仕様になっていた…

2.Gibson Super 400CES(1956)

このギターウン百万します。歴史的ギターもこれっすわ。

3.gretsch Firebird double cutaway(1961)

遂にJBのセックスマシーンで撮影スタッフまで巻き込み始めるアニキ。

4.National glenwood(1962)

ビザールギターの代表みたいなギター。
そりゃノリノリでホワイト・ストライプス引き倒しますわ。

5.Gretsch 6120 Chet Atkins(1957)

ロックンロールな音がハマったのか
これには思わずPhilアニキもニッコニコである。

・いかがでしたか?

ギターキッズのハートをガッチリロックする男、Philアニキ。
あなたも虜になったのでは??
死んだ魚の眼をしながらギターを弾く僕もアニキを見習いたいと思います。

それでは最後に叫びましょう。

Phil X!!

rss登録
このエントリーをはてなブックマークに追加