• なんか
  • キモい
  • デザイン
  • 生き物
  • 綺麗

[神のデザイン]美しい生き物五選[閲覧注意]

Qinty
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、Qintyの柳田です。
今日のブログはWEB、広告関連のお話では有りません。
とても個性的で魅力的な生き物を紹介したいと思いますので、
ゆっくり見ていって下さい。
一応、閲覧には注意して下さい。
では早速見て行きましょう!!

ヤドクガエル

ヤドクガエル
ヤドクガエル
小型の可愛らしいカエルですが、見ため通りの強烈な猛毒を持ち、
先住民族がこのカエルの毒を抽出し矢先に塗り狩りに使っていた事が名前の由来だそうです。
つまり中型〜大型の動物もイチコロな訳ですね。
しかしこの一目見て「こいつヤバい!!」と思えるこのカラーリング…素晴らしいですね。
近年では毒を持たない個体がペットとして流通している様で人気らしいです。

オオミズアオ[閲覧注意]

オオミズアオ
オオミズアオ
はい。蛾です。すいません。
僕も蛾は苦手なのですが、見るのは好きなんです。
蛾の中でも大型の蛾で、ライトに透ける淡いグリーンが特徴的ですね。
因みに幼虫のほうはお察し下さい。
僕は地元が青森なんですが、峠にあるコンビニの窓こいつが沢山張り付いているんですよねー。
僕は初めてこいつを見た時「小林幸子みたいな虫が居るよ!!」と友達に興奮して伝えた記憶があります。
あ、
一応参考までに幸子貼っときますね。
幸子

アオミノウミウシ

アオミノウミウシ
どうですかこのデザイン!!
厨二病心をくすぐるゴシックなデザイン…あれ?こうゆーのクロム◯ーツにあったよね?
ウミウシはどの種もそれぞれが個性的なのですが、このアオミノウミウシは動きがとてもかわいいのです。
因みに大きさは最大でも6cm位で、あまり大きくはないです。

リーフィシードラゴン

リーフィーシードラゴン
リーフィーシードラゴン
タツノオトシゴに似ていますが、厳密に言うとヨウジウオ亜科だそうです。
大きい物で40cm弱まで育つそうで、ドラゴンの名に相応しい見た目でこれまた厨二心をくすぐられますね。
褐藻によく似た突起を持つ理由として、海藻にカモフラージュして外的から身を守る為のデザインなんだそうです。
日本では龍を想起させる生物としてタツノオトシゴが挙がりますが、タツノオトシゴは英語では「sea horse=海の馬」であるのに対し、
リーフィーシードラゴンは一応「龍」として考えられています。
また、近い種類で
ウィーディーシードラゴンというのもいます。

テマリクラゲ

テマリクラゲ
※画像が大きくてすいません。
未だに謎が多い深海に生息しているクラゲ、テマリクラゲです。
こいつの凄いところはLEDのように発光するところです!!
深海の様なただひたすら暗闇が続く様な場所で、こんな素敵な発光体は映えますよね。
正に宇宙船のイメージです。発光する理由は大体は仲間への信号や威嚇らしいです。
因みに深海で光る生物は多数発見されています。
深海の発光生物
いつか目の前でこんな光景を見ることが出来たらいいですよね。

終わりに

美しい生き物五選(幸子は含みません)いかがだったでしょうか?
共通して言える事はどの生物の色、形
全てに意味のあるデザインだという事です。
要らないものは削ぎ落とされ、生き延びるために、
子孫を残すために培われてきたデザイン。
究極のミニマリズムですね。
本当に神様が居るならこんなデザインを生み出せるなんてとんだド変態やろうだと思います。
以上、Qinty柳田でした。

rss登録
このエントリーをはてなブックマークに追加