• なんか
  • TRICITY
  • バイク
  • 試乗

【TRICITY】どれも本当に買える!?世界の個性的なバイク5選

郷古
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。営業の郷古です。
お盆休みは皆さんはいかがお過ごしでしたか。
私は休みを利用して毎年墓参りと墓掃除をしてきました。
お墓を掃除していると心が落ち着くのはなぜでしょう?

どれも本当に買える!?世界の個性的なバイク5選

私の名刺をもらった方ならご存知かと思いますが、私はCB400SSというホンダの400ccバイクに乗っております。
通勤も営業も全部このバイクで回っています。それはもう雨の日も風の日も。
このバイクを購入して7年が経つのですが、そろそろ新しいが欲しいかな?と思い色々と調べてみました!
どうせなら個性的なバイクが欲しいですからね。

YikeBike【LIRCS】

発表以来、世界中の高感度なユーザーたちの注目を集め続けているYikeBike(ヤイクバイク)です。
環境問題を背景に、世界中がこのような電動コミューターに対する法整備を進めている中、残念ながら日本の道路交通法では、まだそれが一般公道を走ることを認めていないという残念な状況ですが、いつかこれに乗って通勤したいです。

重量も10キロと非常に軽く持ち運びも可能です。速度も23km出るので通勤で使うのには問題ないですね。
しかも、なんとこれ楽天市場で買えてしまいます。楽天凄い。

AD200【アディバ】

イタリアのメーカー、アディバが生産しているAD200というバイクです。
このバイクの特徴は、なんといってもアディバが国際特許を持つ折り畳み収納式の屋根がある事です。
さすがにCOPENのように自動開閉ではないですが、雨が降ってきた時にわずか30秒で屋根をつけられるという優れもの。
また、90リットルという大容量の後部収納スペースやオーディオ装備を考えたインテリアも魅力的です。
お値段は約60万円。ピザ屋のバイクは嫌だけど、屋根が欲しい人にはオススメ
です。

Legacy Light Cycle【Parker Brothers Choppers】

映画の『TRON』が好きな人にはたまらないバイクがLegacy Light Cycleです。
このXenon社とParker Brothers Choppers社がコラボしたTron Legacy Light Cycleは、2011年のミラノ国際モーターショーに登場したバイクです。
なんとこのバイクは環境にも優しい電動バイクなんです。電動だからといって遅いなんで事もなく、54馬力で、最高160kmの速度で走ることができます。
お値段はお手頃の430万円。日本では走りにくいかもしれませんが、未来に生きたい人は要チェック。

SW-1【スズキ】

レプリカバイクが流行していた90年代。
1992年に突如としてスズキから流星の如く現れたのが、このSW-1です。
このバイクは一瞬見るとお洒落かな?って思うのですが、3秒程見続けるとお洒落ってなんだろうと疑問に感じてくるデザインです。やはり未来的すぎたのかわずか4年で生産が終了してしまいました。
SW-1は排気量が250ccで、見た目からオートマかと思いきやマニュアルというミッションまでもが迷子なバイクです。
お値段は中古価格で約45万円。どんな服を着て走れば良いのかわからないこのお洒落すぎるバイク、お洒落に自信がある人は是非。

TRICITY【ヤマハ】

最後にご紹介するのが来月にヤマハから発売するTRICITYです。
“ニュースタンダード・シティコミューター”のコンセプトの下、LMW(Leaning Multi Wheel)製品の第1弾として開発されたのがこのバイク。
LMWとは、2輪のバイクのようにリーン(=Lean)、つまり車体を傾斜させて旋回する三輪以上の車両の総称としてヤマハ発動機が商標登録した言葉で、画像の見た目どおりの前が2輪ある3輪バイクなのです。
CMキャラクターに、AKB48を卒業したばかりの大島優子さんを起用したことも大きな話題を呼んでおります。
また、前2輪のバイクはスリップしても即転倒とはなりにくいため、より安心して乗ることができると思います。
お値段も手に届きそうな価格の約33万円。このバイクに乗って街を走れば目立つ事間違い無しなので大注目のバイクです。

最後に

なんと最後に紹介したヤマハのTRICITYの試乗キャンペーンに当選して、2ヶ月間試乗できる事になりました!!
9月から試乗が可能なので試乗した際には詳しくまたご紹介いたします。
今回もWebにまったく関係ない記事ですいません。

rss登録
このエントリーをはてなブックマークに追加