• べんり
  • App
  • Explainer
  • Mac

【Explainer】誰でも簡単!一連の流れを説明する4コマ画像が作れるアプリ【Mac】

熊谷
このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも熊谷です [▓▓]=͟͟͞͞=͟͟͞͞ εː)

WEB制作者はだれもが使っているAdobeの新バージョンがリリースされたようですね!

Adobe

早速PhotoShopCC(2014)を使って見ていますが、欲しかった・有ると便利な機能が地味に嬉しかったですw
デザインカンプ機能やグリッドマーカー、スマートオブジェクトの強化等々…
レビューしたい所ですが、まだまだ使い込めていないので機会があれば解説させていただきますね。

さて、今回の記事はスクリーンショット機能を使って、誰でも簡単に一連の流れを説明する4コマ画像を作れるアプリをご紹介したいと思います。

Explainerを使って見よう!

Explainer
公式サイトはこちら

まずは公式サイトのMacAppStoreバナーからストアに飛びましょう。
そしてこのアプリは無料で提供されてるみたいです、感謝ですよ!感謝!(14.06.20時点)

インストールが済んだら起動してみましょう

Explainerを起動

上記の様なウィンドウが出てくるはずです。
各画面に説明が書いてありますが、説明していきます。

まず、Macでは「Cmdキー」+「Ctrlキー」+「Shiftキー」+「数字の4キー」の4つを同時に押すとカーソルが十字になります。
この状態で好きなところをドラッグしていくとスクリーンショットが撮れます。
今回、それぞれにはめたいスクリーンショットを撮るところからスタートです。

スクリーンショットを撮ったら①〜④の場所をクリックすると、その箇所の外側が強調されますのでその状態から「Cmdキー」+「Vキー」を押します。
これは「貼り付け」のキーですね。そうすると各画面にスクリーンショットを撮った画像が配置されると思います。

画像に対してダブルクリックをすると、カーソルが追加されます。これはドラッグすることで位置の調整ができ、スクロールすると画像の大きさ調整も行えます。
「Cmdキー」を押しながらドラッグすると外側にスナップすることも出来ます。

それぞれ4画面分作成し終えたらウィンドウ右上の「Copy to Clipboard」を押すとクリップボードにコピーされますので、デスクトップやフォルダ内、Photoshopなどのアプリで「Cmdキー」+「Vキー」入力すると一枚画像として出力されます。
※出力の解像度が1280×860(px)のサイズで出力されるみたいです。

さて、このアプリで弊社に仕事をご依頼された際の流れをざっくりと作ってみました。

TeamSantaに依頼された際の流れ

素材が素材なのでアレですが、本当に簡単に4コマ画像が作れます!
プレゼン資料とかの素材作りにも良いと思いますし、本当に4コママンガでも作って見てもいいかもしれませんね。
※ちなみに僕は基本的に何でもやるので①にもたまに混ざりますw

まとめ

サクッとスクリーンショットを撮って、貼り付けて、説明文を付けて即出来上がるというコンセプトはとても良いと思います。
ただ文字数がそんなに入力できないので、簡単な説明用途に限定されるのが惜しい所ですが、それもまた良いのかなぁと。

ちなみにもっと凝った物を作りたい!とお考えの方は是非弊社までご連絡いただければと思いますので、お仕事のご依頼をお待ちしております(キリッ

それでは、また (‘、3_ヽ)_

rss登録
このエントリーをはてなブックマークに追加